제목 없음








 로그인  회원가입

歯磨きで歯茎病を予防できる?
치아사랑  2009-10-21 20:24:38, 조회 : 1,293, 추천 : 215

歯茎は歯の下の部分(歯茎部)を囲んでおり、

歯の境面に溝があります。このような溝を歯肉溝といいますが、

ここに歯茎病を起こす細菌が生きているのです。

歯肉溝の隙間が0,5mm未満ですから、構造上、歯ブラシの毛が全く触れません。

ですから、いくら一生懸命歯磨きをしても歯肉溝の細菌は全くとれないのです。

歯磨きで食べカスを取り除く効果はありますが、歯肉溝の細菌をとる効果は全くないというわけです。

歯茎病にかかっていたら、歯磨きはむしろ逆効果です。

歯茎病が発生すると、免疫反応により歯茎が腫れて炎症ができ、小さな刺激でも歯茎組織(付着上皮)が傷つきやすくなるのです。

そのような時に歯磨きをすると、腫れた歯茎が傷ついて出血してしまいます。

歯茎(付着上皮)が傷つくと、歯茎組織は口腔細菌に攻撃されて更に弱まっていきます。

歯茎病のある場合は1~2日ほど歯磨きを中断し、

歯茎マッサージを行ってその箇所の血液循環を促すことが、歯茎を傷つけずに早く歯茎病から逃れる方法なのです。


  추천하기   목록보기

Copyright 1999-2021 Zeroboard / skin by zero